スポンサーサイト

  • 2014.08.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    かみさまの落とし物

    • 2009.12.27 Sunday
    • 23:53

    落ちてた。

    カツラがひとつ。

    お客様用通路に。
    ボトッと、ムニャッと。

    スタッフの女の子が嬉しそうに拾ってきた。
    拾ってきたのが毛の長い子ネコやちび犬だったらまだかわいい
    まっくろくろすけ、でておいで〜(今日の駿)


    でもでもでも、カツラって買い物しながら落としてしまうものなの?

    教えて〜 おじいさん〜
    教えて アルムのもみの木よ〜♪
    yo le lo le lo hi ho yo hi du di ya ho ho
    yo le lo le lo hi ho ya la hi du di yo♪(自己満足)

    今時のウィッグと言えば、あれだよあれ。
    テレビショッピング・通販でおなじみのジャパネットた○た …ではさすがにあつかって無いけど、
    「まぁ、今日の奥様、なんだか素敵」
    「わかりませんか?実はこれ、カツラなんです。
    つけてるのも忘れるぐらい、自然なんです〜ウフフ」
    と、そんな感じの某深夜番組テレフォンショッピングは誇大広告ではなく、真実のみを語っていたのか!?
    あいや〜、そんな疑問やあんな疑問が頭の中を駆け巡る。

    ありえん、まじありえん。
    尻を隠して、頭隠さず。
    風邪引くなょ〜

    とりあえず、落とし物として届けておきました。

    まぁ、売り場でう○ちも拾った事があるからなぁ
    ぽろんぽろん。





    JUGEMテーマ:日記・一般
     

    ここはもしや番町紙屋敷!?

    • 2007.08.28 Tuesday
    • 00:13
    「1ま〜い、2ま〜い、やっとこ538ま〜い…」
    なんじゃそりゃ、って棚卸です。
    紙数えてます。
    画材屋だからね。

    「あ、間違った」なんていったらまた一から数え直し。
    その上「すいません、自分、不器用なもんで」(高倉健か、私は?)
    5枚数え、10枚数えが出きません。

    何千枚も限られた時間で数えるにはそれなりにテクニックが必要なんだけど、お札じゃないのに、A4 B4 A3のカット紙を手に何百枚も持って広げて数えるなんて神業っすよ。

    な、なんてアナログな!?なってびっくりされても仕方ないけど、これぞ手数えです。
    壁一面のカット紙を取り憑かれたように数えるその姿と言ったら、妖気でてるよ、妖気(笑)
    まぁ、紙だけじゃなくて、絵の具も色鉛筆もぜーんぶぜーんぶ数えるのさ。
    ふふんふ〜♪

    そんな訳で八月の後半戦、いやぁ、かなりきつかった。
    ぼろい百貨店のビルの中に入ってる店なんですが、ビルがボロすぎてこの夏真っ盛り、ゼンーンゼン冷房がきかず汗ダラダラたらしながら営業してる店ッてありなんだろうか?

    実際デパートの棚卸といえば、棚卸業者がバーコードバンバン読み込んで、データーと照らし合わせて、次の朝には結果が分かる。
    そんなちゃんと時代にあった棚卸を横目に、1ま〜い、2ま〜いって、すごい貴重ですよ。

    「懐かしいね〜」ってまるで昭和の遺物の様に「ま、がんばって」なんて、デパート側のお偉いさんに声かけられて「はい!がんばります!」
    うーん、NHKのドキュメントみたいだ。

    そんな感じで半期に一度の電卓のブラインドタッチ (出きてないけど…)で、集計、検算とじみーにこつこつ働いてます。

    こんな事、8月がくるたびやってるんだもん。
    7月末から準備はじめて、八月中はずーっと棚卸し作業やらなんやらで夏は終わっていくのです。

    ここ何年も夏を感じてないなぁ…ホントに。
    もう青春なんて年じゃないけど、私の夏は何処ですか?
    くそ〜、夏かえせっつーの!!

    あ、言葉汚くてごめんなさいです。ペコリ。

    これじゃ、紙に怨念も積もるっちゅーの(笑)


    仕事するべし、web版エクセルの巻

    • 2006.08.19 Saturday
    • 00:39
    web版エクセルって呼んじゃっていいのかな?
    エクセルでも編集できる、オンラインでも編集できる表計算のシート(って言い方でいいんだろうか?)
    xcellery
    あっちこっちのPCにデーター持ち歩いて、保存を重ねていくうちに、同じ名前のファイルが増殖を続けて、最新版を探してもどれがどれだが分からずに、ふんぎゃ〜、もう発掘無理無理!と自爆して、もう1からやり直しなんだから!

    て、たまに上手く出来たら、保存してておいたフラッシュメモリー家に置いてきちゃったよ とほほ…

    なんて無駄な動きが多い、そんな私みたいなタイプには有りがたや〜なんですわぁ
    エクセルで編集できるって…なんてありがたい。

    いやぁ、実は棚卸し後で宿題山積みだったりするんです…
    まったく、仕事仕事って、私の夏は一体何処?

    大汗盆夏芯中棚卸てな漢字

    • 2006.08.17 Thursday
    • 00:43
    こんな言葉、日本語として成立する訳無いんですが、思いっきりストレートに心境表してみました

    世の中のおおかれすくなかれ、普段の日本よりは浮かれ浮かれまくって、わざわざ100kmの渋滞に飛び込んでしまう真夏のミステリーなこのお盆の真っ最中、棚卸し終わりました

    ひぁ〜、疲れた〜

    何故お盆の最中になんて聞かないで下さい。
    いろいろ縦社会にはあるんですよ、良い子の皆さん。
    世の中が休んでる時に働いているだけでも、ひぃひぃなのに、棚卸しするって、ほんとお疲れさんです

    8月はその事ばっかり、準備で毎日があっという間。
    無事終わってよかった。
    応援頂いた皆様、ありがとうございました。
    ほんと、助かりました。

    そんじゃ、明日から遊ぶぞ〜!

    と、言う訳にいかず、もうすでに心はクリスマスと年賀状のシーズンにシフトしなくちゃ。
    販売業って言うのも、季節感大事な割に、自分の中での季節はほんとバラバラもいい所。

    暑い暑いいいながら、冬の事を考えている私の夏休みは何時なんでしょう?

    十人十色

    • 2006.06.09 Friday
    • 23:30
    某メーカーのアクリル絵の具のワークショップに参加した

    学生の頃アクリル絵の具が大好きだったのだが、最近は夏休みの工作のサンプル作ったり、家具の修復なんかに使うぐらいであんまり「アクリル絵の具で、何か作っちゃるー!うぉ〜」なんて遠吠えするような心境に駆り立てられた事が無くなってひとしい

    でも多分それって、絵を描いている人達の中でもやっぱり少なかれ私みたいな人がいるんじゃないかと思う

    何でって、うーんとうんーと、実はアクリル絵の具って、以前程売れなくなってきてる気がする
    多分私の勤め先だけじゃないと思うんだこの現象

    なんせ、あまりの低迷ぶりにレポートしろって、各店に上司からお達しがあったけど、しっかりシカトしちゃってます(笑)

    そんでも、いろいろ思う事はある

    でも一番気になるのは色数や種類の多さ
    何でもあるって素敵な事だよ
    一般的に良いことだと感じるよね
    そーなんだけど、毎日モノを作りたい人と接していて感じるのは、作りたいモノが専用のアイテム数が多い商材を使っている人ほど「それだけ君」になっちゃってる気がするのだ

    ピンクの絵の具が欲しいとする
    今の絵の具にはピンクはピンクでも、ローズ、オペラ、コーラルレッド、他にもピンクっていってもまだまだ限りなくある

    そんな訳で、ある色を一度買った人は、同じ色を求めるわけです
    そんな微妙な色合いなかなか出せないし、めんどくさいって言うのもあると思う

    そうなると、規模の小さい店なんかだと、全部の絵の具がおけるわけじゃないし、あったとしても品切れしてたら諦める。

    でもさぁ、結局基本は赤と白を混ぜたモノだって忘れているんじゃないかなぁ

    今までホワイトとレッドを2本買ってくれてたお客様が、「その色」が無い為に他に方法が思いつかずに何も買わない

    いくら色数や種類が増えたって特徴を打ち出したって「自分で色を作る」事を忘れさせてしまったら、ただ単純に「絵を描いてみたい」っていう素敵な思いつきを突き放してしまっているんじゃないだろうか?

    その上、ステンシル用だとかネイル用だとか屋外用だとかどんどん広がる商品群に反し、「それじゃないとダメ」と頭から決めつけてはどんどん萎縮させている様に感じるのは気のせいだろうか?

    PCの普及や学校での授業の減少で美術に対する世の中の認識が低くなった事も確かだ

    でも、「基本の12色でどこまで色の世界が広がるのか」なんて単純な事、示そうとしていないんじゃないかな

    「絵を描く」という魔法をもっともっと沢山の人に体験してもらいたい
    「これから」の人たちが情報の多さにカチカチになって「難しいんですね、私には無理かなぁ」と諦める姿はホントに寂しい。

    「全然だめじゃないよ。好きなようにやってみようよ」そんな風に声をかけられたらと思う。

    色が最低の3原色でもかまわない
    その3色でどこまで無限に色を作れるのか感じてもらいたい
    その色が一人一人のオリジナルであることで、そこから広がる世界を感じてもらえるんじゃないだろうか


    このワークショップで実際に体験した新しい絵の具はあまりに使いやすさに驚きを隠せなかった
    でもこれって今まの絵の具を知っているからなのだ。

    絵の具を触った瞬間、凄いワクワクした
    いくら違いを説明するよりも実際に手に取って体験するってこんなに楽しい。

    だから、もっともっと試してほしい
    「それじゃないとダメ」じゃなくて「工夫しだいであんな事もこんな事もできるんだ」



    決まりなんてないんだから「絵を描いてみたい」って少しでもおもっているんだったら、まずは最低限の12色を手に取ってみてください
    そして自分の色を探してほしい。

    その先は凄い事がまってます(笑)


    って、会社にレポート出さないでここの書いてるんだ?
    まぁ、主観なので、そんな事をいいながらも新しい物にもチャレンジどんどんしちゃいますよ



    処方箋

    • 2006.06.04 Sunday
    • 01:36
    20060604_193401.jpg

    仕事場で健康診断があった

    流れ作業のように視力測って、血圧計って、問診して、採血採って…

    一ヶ月後に結果が届くのだか、それを見てあーだこーだいうのは採血結果ぐらい

    コレステロール値に気をつけなくっちゃ
    そんなもんである

    血圧は結構プールや温泉に行けばどこでも計れるし、実際各家庭に血圧計置いてあったりするもんね
    視力だって免許の書き換えの時調べる訳だし、目の病気を発見するような診察があるわけじゃない
    「よく見えなくなった」っていうのは実感しやすいわけでそうしたら眼鏡ブームの昨今言われなくても眼鏡やさんに駆け込んで、カワイイフレームなんか選んじゃう

    なんか、ホントに診てほしいこと、聞いてほしいこともっとあるのにってちょっと思った

    こんな風に時間に縛られて働いてなければ、少し具合が悪ければ、かなりの割合の人が病院に駆け込むはず

    だけど、結局身動きとれず、ギリギリまで働いちゃう。
    それが問題なんだけど

    「リンパ腺はれてませんか?」
    そんな問診受けながら思う
    「触診してたしかめればわかるのに」今朝微熱気味だった事はいわずに「いいえ」と答える

    「はい」と答えたら、会社の健康診断で何をしてくれるんだろう?
    その場で処方してくれるわけでもなくて、診断書が出るわけでもない
    結果はずっと先

    健康診断一つでこんなにストレス感じる環境が問題でしょ

    できることなら内容を
    ●採血
    ●カウンセリング
    この二つにしてもらえないだろうか?

    体に感じる不具合は、病院に行こうと思うけど、心に感じる不具合は、気がつかないフリをどうしてもしてしまう

    我慢すればいつか良くなる
    それっていつ?

    「辛い事ありませんか?」


    そんな一言がどんな薬より楽にしてくれるのに。健康ってやっぱり気持ちが大事

    ツラいことあってもめげてられないもんね

    直配天竺

    • 2006.05.30 Tuesday
    • 17:25
    今日は仕事上ちょっとしたミスがあって、直配にいってまいりやした

    まぁ、誰が悪いとかそういう問題じゃなくて、みんながそれぞれ少しづつ気をきかせればふせげた事だと思うと、誰のせいでもないやっと解っていながら、目が行き届かなかった自分をくやみます
    はぅ〜

    B1大のパネルを担ぎながらトコトコ歩いて、今朝のテレビの「今日の占い」の事を思い出す

    「今日の運勢が一番悪いのは獅子座のあなた」
    うーん、こんな時はズンとくるね

    デカいもの納品はほんと気が滅入ります

    決まりとして、クレームのための直接配達は社員がすることになっていて、大きくても重くてもアルバイト君に頼る分けにはいきません

    昔はねぇ、女の子も直配ダメだって言われてたけど、店長になって、イヤな仕事をほかのスタッフに振る分けにはやっぱりいかないや

    結構「やばっ!」って時もあるけど。

    なんで、商品の請け渡しが日がくれた時間の工業団地の駐車場の角なの?って感じで、黒塗りの車が迫ってきたときには、「やばっ、マジで沈められる!」とびびりました
    うん、うん、そんな事もあったね

    結局今日の占いが当たっていたかどうかはわからないけど、配達の帰りに雷雨に遇ったのは、「帰りにずぶ濡れになったけど、お届けの商品が濡れなくてよかった♪」

    ね、全然平気でしょ?

    でもお願いです
    あんまりサイズの大きいものは、できたら「宅配で送っていいよ」って言ってください

    充分反省してるので、その一言言われたら、天竺まで一っ飛びです

    胸〜に付け〜てる♪

    • 2006.05.02 Tuesday
    • 00:00


    GWのこの期間中、せっせと毎日Tシャツ作りにいそしんでます

    仕事でね、仕事。

    シルクスクリーンのTシャツマシーン「Tシャツくん」やその他もろもろ画材でTシャツ作れる材料っていっぱいあるんだよ〜と言うプロモーションもかねて、毎日毎日、せっせとTシャツをいきあたりばったりで作る。

    今日作らねば、明日着るものがな〜い!
    お約束として「作った物しか着てはいけない」という暗黙の了解のもと、今作らねば明日はもしやスケルトン!?(そんなわけないちゅーねん)

    毎日ご飯作るみたいにTシャツを作る。

    なんか、よく考えたら変なの(笑)

    写真は一個目はバイト君が作っていたのをついでに一緒に作ってもらったウルトラTシャツ。



    あまりの胸のワンポイントの謙虚さに感動。
    ちなみにバックスタイルの裾にも小さくバルタン星人はいってます。



    水色のは昨日の夜中作って間に合わせた手書きのTシャツ。
    制作時間15分。
    もうほんと、ギリギリだよ、ギリギリ(笑)



    Tシャツ作るのってこんなに不真面目でいいんのだろうか…?

    データーベースとしてのSNS

    • 2006.03.07 Tuesday
    • 00:24
    仕事先のビジネスブログみたいなモノの必要性を感じていた

    そんでもって、立ち上げようといろいろ考えてたみたんだけどなんだか、いまいちピンと来ない
    ブログお手軽なんだけどなぁ…

    クローズタイプが理想だけど、それはどうにかなるかもしれないが…
    どうにもこうにも、ひとつだけ大事な要素が足りないのだ

    データーベースとしては不都合が目立つのだ

    「ブログに「目次」を作ってみた」の記事の中でkinyaさんもおっしゃっているが、まさに私も同じ様な事を感じていた

    そうなんだよなぁ…
    私の勤め先は全国に細分化されていて、顔をあわすのも1年に1回。

    しかし、悩んだり、困っている事って実は共通な事が多かったりする
    ちょっと相談出来ればすぐに解決出来るのに。

    そんな問題を解決する為に、いろんな意見を聞いて、データーを蓄積したい。

    そう考えると、blogだといまいち利便性に欠けるような気がするのだ。


    そんなわけで、こんなサービス見つけました

    @PNE(あっとピーネ)無料SNSレンタルサービス


    個人でSNSができる!って凄くない?
    ミクシィやGREEをやっている人にはわかると思いますがあのSNSです

    今回私のように、マルチユーザーでパスワード付き、その上データベース蓄積を目標にもってる場合には、このSNSってぴったり!

    それも無料だなんて…いいんだろうか?

    早速登録して、SNSを立ち上げた
    うわぁ〜、なんだか不思議な感じだ。

    使いがっては ミクシィとほとんど何にも変わらない。

    外に強く発信するには不都合もいいとこだが、同じ興味を持つ
    人たちと、データーを共有するには、待ってました!っていうぐらい、ドキドキするサービスに、興味しんしんです

    後は、会社の人が理解して、入ってくれたらいいんだけど…
    そこが、一番難しかったりして。

    あれ、悩みがちがう?

    フリーターさん、カムバ〜ック

    • 2006.01.16 Monday
    • 11:06
    20060116_110121.jpg

    フリーター問題ニート問題って、ここ1、2年テレビなどの時事問題でよく取り上げられるが、全然問題じゃない

    バイトを募集している側からすると、フリーターさんがいないとホントに困るのである

    やっぱり一緒に 働き初めてわかるのだが、学生バイトさんとは、責任感が違う
    仕事に対する姿勢が違う
    そして何より、いろいろな経験があるので仕事ができる

    そんなフリーターさんを問題児として、取り上げる国の対策って、結局就労人数がどうだとか、そんな事ではないんでしよ

    自分の老後が危ない

    つまり、就職している人数が増えれば、国に入る税金も増える
    税金問題の一環として、メディアなどを通して、サブリミナル的細工でフリーター問題を植え付けてるわけですね、きっと。
    就職しない悪い子はいないかね〜
    もったいないお化けみたいなもんです

    まぁ、就職や税金問題も大切だけど、働いている形態についてまでとやかく言うのはどうなんだろう?

    就業しているかしてないかの違いはあるけど、働いているのは代わりないんじゃないかとおもう

    ほんともう、「週3ぐらいで夕方5時くらいから、週末は土日どっちか一日ならでれます(でてやってもいい)」
    そんな、学生バイトさんで一杯です

    そして、今日も夕方から入ってる面接は学生さん

    戦力としてのフリーターさん望みます

    フリーターさん、カムバ〜ック

    そんな都合のいいこと言ってる自分が一番自分勝手なんだけど、辛いっす

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    *******

    edita

    edita.jp【エディタ】

    カウンター

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM