スポンサーサイト

  • 2014.08.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    冬が始まるよ

    • 2009.12.03 Thursday
    • 00:36
    薬をもらいに病院へ行ってきた。

    薬が切れて数日。
    仕事の都合で行く暇が無かったのだが、なんとなく体調が良かったので、自然治癒を夢見てたのだが、どうしても咳が引かない。

    夜中に目覚める事数回。
    もらえるときゃ、もらっとけ。
    薬屋で買うと薬もそうそう安くない。

    と、何となく夕方の病院に診察券を出す。
    待合室で再放送のドラマを見ながら、渡された体温計をわきに挟む。

    ピピピ

    体温計の音が鳴って、覗き込んだ数字は、
    あれれ?
    「ちょっと熱がありますね〜」と処置室で血圧を測った
    あれれ?
    「上が90で下が50ですね、いつもこんなに低いの?」
    まぁ、低いと言えば低いけど、言われるとなぜか低血圧に不安が走る。
    「酸素もはからせていただきますね」

    うむむ…なんで、看護士サーーン無言なんだよーー!


    あれれ、おかしいなぁと思いながら、診察室で呼ばれるのを待っていると
    やっと順番がやってきた。

    「よろしくおねがしまーす」
    そうだ、今日は気分が良かったはず。
    薬もらいたいだけだもん。

    先生に質問されても元気なお返事、これ大事。
    「具合どうですか?」そんな質問も
    「良くなってきました」
    「大丈夫です〜」

    と気分に任せて答えてたのだが、
    先生はクスリともしない。

    「もう、一ヶ月以上症状よくなってないね…
    冬はどうなの?」

    えっ!?
    冬はだ、大嫌いだけど。常に公言してるので、隠す程でもないですが、
    なぜか照れてしまってもじもじと
    「に、苦手です…」

    「そうだよねぇ、冬ダメだよね。このままだと冬越すの難しいね、大変だねぇ。
    気がついたら手遅れってこともあるからなぁ」

    って、な、何の話ですか!?
    喘息をなめてちゃいかん!!うっきーー!という事だが、
    冬が越せないって、どんな冬を越せない動物なんじゃあたしは?
    確かに周りの気温に左右されやすい。
    まぁ、いわゆる変温動物ではありますが。トカゲだって冬眠して冬こすじゃん。
    やっぱり冬眠しろってことか(笑)

    まだ、まだ冬は始まったばかり。
    トカゲの病院通い生活がスタートした訳ですが、そんな事では負けないのだ。

    そうそう。
    冬が始まるよ。
    いっぱい、沢山遊ばなくっちゃ。
    というか、遊んでやるべし!!
    冬将軍がなんぼのもんじゃい
    決意新たに冬に戦い挑む事を胸に刻んだ一日なのでした。







     

    a nursing song

    • 2009.11.27 Friday
    • 08:10



     


    10年ぶりのSADEのnew album
    ラジオで彼女の声が流れてきた時、周りの空間があの頃のあたしを思い出させた。

    繰り返し繰り返し何度も聴いた少しかすれた低音の優しさに何度慰められたろう。

    心がギスギスして苦しい夜、車を運転しながら聴いた曲。
    耳にするだけで時間を遡る。

    あんな夜はもういらない。

    眠れない夜の慰めはもう欲しくないけど、今度は彼女の声で深く眠ってみたい



    Sade
    Sony / BMG Import
    ¥ 987
    (2001-04-04)

    ヒサビサニ

    • 2009.11.07 Saturday
    • 17:18
    ママズ・ガン
    tearbridge international
    ¥ 2,200
    (2009-10-21)

    先日、日本版も発売になったアフロ君。
    電車の中でも、ドライブをしながらでも、本を読みながらでも、いつでも聞いている事の出来る1枚で、とっても気持ちいい仕上がりに、ついついヘビーローテションしてしまいます。

    Jamiroquai+Maroon5 といわれるだけあって嫌いな訳ありません。

    聴いた事ある人多いと思いますが、
    ママズ・ガンのページから視聴できるので、ぜひ。

    2010には来日予定。
    東京は1月にビルボードライブ東京でという事なので、今一番足を運んでみたいライブです。


    でも、やっぱり、Jamiroquaiがいいなぁ。
    これ、あたしの基本です(笑)




    JUGEMテーマ:音楽


    KEEN Jasper

    • 2009.09.16 Wednesday
    • 00:27
    今年の秋の一番のお気に入りのシューズはこれ
    KEENのJasper
    今年の始めにゲットした08年モデルの写真の青緑/ライムのwomanモデル

    クライミングシューズをモデルにしたスタイルにきゅんきゅうんときめいちゃいましたが、そのときめきを上回るはきごこちの素晴らしさ

    めちゃくちゃラクチン
    KEENは履き始めると、こんなにメーカーによって靴ってはきごこちが違うんだって驚いてしまう

    叉、このライムカラーがまさしく私のTシャツの4割を占めるブルーグリーンに合わせたよう
    ただ履いてるのにコーディネートしなくってもそれなりなんてすばらしい!

    足下が安心って、安全靴以外の靴でもちゃんとあるんです♪


    JUGEMテーマ:ファッション
     

    オニツカタイガー モンテポカラ

    • 2009.09.13 Sunday
    • 23:26
    「カッパじゃないよ、シューズだよ」
    なんのこっちゃと思うでしょうが、最近サンダルからやっと靴下を履くシューズに履き替えました
    なんか大人になったなぁと夏休みが終わった中学生みたいですが、秋は新しいものが欲しくなっちゃうものなんです

    そんでもって、これ。
    ゲットしたはいいが、はじめは靴ひもさえどうしたらいいかわからなかったこのシューズ
    1950年代の登山靴をベースにした脱力系リラックスモード満載のかわいこちゃんです

    シューズを縦において横から見ると妖怪のカッパの顔にそっくりですが、それだけで心がいやされるという奇妙な存在感

    しかし、はじめはうまく履きこなせるか心配でしたが、オニヅカタイガーのページを見てみると履き方のバージョンがいろいろ紹介されてます

    その中で私がお気に入りなのが、




    これ。この履き方に決めました。

    ベロの部分を折り返して、クライミングシューズのように少し細くもない足首をのぞかせて履いてます
    コロンビアのボーダーのウェイトパンツなんかと合わせて履くとあまりにも愉快な足下にどこまでもスキップしていっちゃいそうです

    ところで今でもスキップできる?

    あたしは、どうかなぁ

    JUGEMテーマ:ファッション

    亀十のどらやきなら○○になってもいい。

    • 2009.03.01 Sunday
    • 00:19


    日本一の手みやげ!

    と言われるだけあって、このどら焼き入手困難の幻のおやつだったんです。
    念願かなってやっと入手しました。

    知る人ぞ知る亀十のどらやき

    浅草の本店で、今まで数回チャレンジしては品切れに泣き、食べたくても食べれない切ない日々までが、まるでこの一口をさらに幸せにしてくれるための試練だったようです

    夕方の焼き上がりの時間に合わせて、今度こそは!

    ほ、ほんとに、なにこれ!??
    始めてた食べた亀十のどら焼きは想像以上のほっぺが落ちるおいしさでした
    まさしく、
    「おいちーーーーーーーーー!!!!」
    う、うますぎる。こんなどら焼き食べた事無い。
    このどらやき毎日食べれるなら、二頭身でも耳が無くても、あたし、ドラえもんになってもいい。
    どう美味しいて、あたしが説明したら安っぽくなっちゃう。
    でもでもでもでも
    今年口に入れた食べ物の中で一番感動した一口です。


    クライミングシューズを買う

    • 2009.02.21 Saturday
    • 09:29



    しばらくできなった事を、また始めたいと思った。

    あれもこれも中途半端で、どれもこれも心残りがいっぱい有る。

    「春からはじめよう」
    今ならそうゆう理由付けができる。

    まずはいつも初めては、いろんな事で続けられない事が多いクライミングから。

    ということで、セールになっていたモントレイルのマグネットというクライミングシューズを買いました
    色がかわいかったので、というのも有るのですが、体温で靴が自分の足の形にフィットしてくれるという、何となくそそられる機能と、接客してくれたお兄ちゃんの人柄から、ついつい買っちゃいました。

    それも、通常普段履きにはちょっと大きめの靴を選ぶ私には結構厳しいちょっと小さめ。
    クライミングでは当たり前のサイズ選びですが、久しぶりに履くとその窮屈さには、靴を脱げない赤い靴の踊り子のような苦行をかんじちゃいます。

    ホントはマジックテープのタイプが楽だと判ってるんですが、思い切ってレースアップタイプにしちゃったもんだから、履いたら脱ぐのがとっても面倒。
    そこが自分への活入れでもあるんだけど。

    履いたら登れ。
    自分で決めて、自分で決断して、昇るも降りるも自分次第。

    これからの人生あきらめる事は少しでも少なくしたい。

    だから登ろうと思います。


    JUGEMテーマ:健康

    iLife 09'インストール

    • 2009.02.07 Saturday
    • 09:33
    IMGP0356.jpg


    iLife 09'ゲットしました

    最近iMove以外のiLifeのソフトを使う事が減っちゃってたのが、実際のところ

    写真の枚数や容量が増えてくると、全部展開するiPhotoは、探しものがある時は、フォルダーの中だけ見たいのに全部開いて、枚数が多いと立ち上がるまでか一苦労

    数千枚入ってるとちょっと、大変

    まぁ、潜っていって、写真が格納されているフォルダーみればいいんですが、ちょっと手間なんだなぁ
    怠け者なんです(笑)

    できたら写真は浅い層に置いといて、フォルダー内をささっとプレビューしたいって言うのが私の希望

    な訳で、普段は外付けハードディスクにフォルダーごとまとめて置いといて、フォトビューアーで、ささっと探す、って言うのが最近の写真の管理の仕方です

    iMoveに関しては長いダラダラ撮った動画を時間内に短く編集するにはすごい楽チン

    そーゆう意味で使い勝手はいいですが、切り貼りしたモノの編集はファイナルカットに読み込んで遊んでます

    他はほとんどノータッチ
    だってミュージシャンとしての才能のかけら皆無ですから(笑)

    そんなわけで、なんでiLife 09'買ったのさぁって、突っ込まれると、そりゃ一言、iPhotoの新しい機能の「顔認識」と「撮影地検索」が使ってみたかったからなのだー!

    はぁ、はぁ、はぁ

    前置き長すぎてインストールのとこまで書けない…

    で、インストール
    結構時間がかかりました
    勝手なイメージだが、ほとんどガレバン
    ガレバンの容量でかいっす
    使わない私にはメモリーの無駄使いに思えたが、これもあとで立ち上げてみたら結構オモロい

    今後使うかは別問題だけど。

    そんなこんなでインストール完了です

    使い勝手はまた次の機会に。
    なんせ、通勤途中の携帯からなので、もうすぐ駅に着いちゃうのです

    ただ、昨日の夜はiPhotoのおかげで楽しく寝不足させていただいたのでした

    あ、ちなみに写真のiWorkはトライアル版

    いちばーん最初の買ってからアップグレードしてないんだけど、使い勝手良くなってるんだろうか…
    ただいまインストールするか悩み中〜

    Scansnap中毒者

    • 2009.02.05 Thursday
    • 10:07


    完全にスキャン中毒なのである

    昨年末アクロバット9のアップグレードキャンペーンが、
    迷う心を後押しして、ついに入手したのだが、すっかり虜になってしまった

    21世紀に入って、PCが一人一台の時代になると言われ始めた頃、これからはペーパーレスの時代になるなんて、ささやかれていたが、そんな事ぜんぜんないやん!と鼻で笑ってました、私。
    本当にスミマセン。

    世の中はどうだか分からないけど、我が家は半分ペーパーレスになりつつある

    読み終わって一年以上たった、取っとくのかどーすんのか、決めるに決められない書籍は、オールPDF化推進中なのであります!
    ウエッヘン!

    こいつはスキャン行きだな、決められたものは
    まず背表紙を切り取ってバラす

    で、100ページでも200ページでもあっと言う間にPDFになっちゃうのだ

    できたPDFは書庫用に取得したGmailにすかさずup。

    そーする事でどこらかのPCからでもGoogleドキュメントで閲覧可能なのである

    また、カタログや地図に関しては私はMac使いなんですが、オプションで iPhotに読み込むボタンがあるのでそれでポチット読み込んで、iPodtouchに同期させて、お持ちだしもオッケーなのだ

    うーん、なんてすばらい

    なんせ、狭い我が家を占領してた雑誌がいつでも観れて片づいちゃうのであ

    ついでにマンガもがんがんスキャン
    いつでもそこでもひとりマンガ喫茶である

    寝ようと思って布団に入っても、
    「あ、あれも読み込んじゃいたい…」
    「あ、あの雑誌も片付けちゃいたい」

    そんなこんなで、夜中の3時
    カッター片手に、まっこり飲みながら
    ウィーン、ウィーンスキャンしまくる女子に関して、皆さんいかがでございますでしょうか?

    あ〜、あと3台ぐらい並べて一気にすべてウィーンってしちゃいたいものなのだぁなぁ

    ということで、あ〜、新しいの出ちゃうのね


    JUGEMテーマ:読書

    灰色どろにょろ食べてみた

    • 2009.02.01 Sunday
    • 23:32



    「お芋大スキーーー」
    と常日頃叫んでいると、いい事がある。
    お芋が自然に集まってくるのだ。

    特にサツマイモが好きなのだが、本日はいままで食べた事の無いお芋を差し入れにいただいた。

    沖縄のターンム。田芋。タロイモなのだ。
    タロイモと言えばハワイのお芋のイメージがあったので、
    沖縄出身の女の子に「タロイモ食べた事あります?」と聞かれた時にはどんなお芋なのかも想像がつかなかった
    「ハワイに行った時食べたっけ?」
    いやいや、沖縄のお正月料理なのだそうだ。

    「生のままだと、生態系の関係で持ち込めないので、調理済みです」
    うむむ?まったく想像がつかない。
    「どんなの?」
    「えっと、栗きんとんみたいな感じです」
    タロイモの栗きんとん!わかんないけど食べてみたい!
    「おいしい?それおいしい?」
    興奮しながら問いかけると
    「灰色の栗きんとんです」

    灰色??ほんとかよ?とやっぱり思っちゃったわけですが、
    「ホントに灰色じゃん!!」とびっくりしてしまった

    正確にはターンムの田楽というらしい。

    一口ぱっくり。
    おっつと!これは!ココナッツの味がするきんとんだ。
    面白ろーい。
    一口食べる前の灰色のぐちゃぐちゃしたものの味とは思えないかわいらしい甘さなのだ。
    芋好きにはたまりませんね。

    タロイモはつまりは里芋なので、あのねっとりした感じと甘さがけっこうまったり。
    こりゃ、やっぱり、あつい国の甘さだね。
    沖縄とか、ハワイと、タイとか、台湾でぜひ食べたい(希望)

    タームンの後ろに一緒に写真で移っているのはやはり沖縄の「汁」って言ってた…
    近日レポードできたらしてみようかな?(笑)

    あ、ちなみにタロイモの器は魯山人作じゃなくて、あたしの若かりし頃の手びねりなのでした。



    JUGEMテーマ:グルメ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    *******

    edita

    edita.jp【エディタ】

    カウンター

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM