スポンサーサイト

  • 2014.08.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夢の仲蔵千本桜

    • 2005.10.20 Thursday
    • 00:00


    松本幸四郎、市川染五郎親子による「最も演劇に近い歌舞伎」
    「夢の仲蔵千本桜」を観た

    出演者の顔ぶれもすべて現役歌舞伎俳優である為、「歌舞伎」をみる心構えで劇場に入ってみると、歌舞伎鑑賞にあるべきはずのモノが見当たらない

    そう、歌舞伎鑑賞の必需品「イヤホンガイド」がないのだ
    さすがに、歌舞伎が面白いと言っても、私の能力では歌舞伎をそのまま観賞することはちょっとむずかしい
    歌舞伎観賞しながら同時通訳してくれる「イヤホンガイド」あってこそ、面白さがわかるのだ

    そんな訳で、歌舞伎みるのにイヤホンガイドないなんておかしいなぁ
    なんて思っているうちに幕が開いた

    あ〜、なるほど
    勘違いしてた。歌舞伎じゃないんだ。

    歌舞伎の劇中劇をはさんだシュチエーションミステリー。
    実状は松本幸四郎主宰のステージで、歌舞伎役者「中村仲蔵」を中心に、舞台裏で起こる、裏切り、殺人、嫉妬、欲を見せ付けるバックステージもの。
    江戸時代、森田座の楽屋裏で思いもかけない事件がおきる

    松本幸四郎が主演と言う事だが、実際に舞台の上で一番魅せるのは、染五郎演じる中村此蔵。
    仲蔵の弟子として、事件に巻き込まれて行くんですが、華がある。
    若手とよばれる歌舞伎役者の舞台を数回みましたが、染五郎は「また見たい」と思わせるモノがあるのだ

    剛柔併せ持ち、見栄の美しさ、声の張り、そして血筋から来る品格。
    舞台で本当に映える役者だ

    はっきりいうと、彼のワイドショーで騒がれた私生活にはうんざりで、あまり好きではないのが、舞台の上の役者とという姿と、素の彼とは別物。
    ステージに上がっている染五郎は「魅せられる役者である」そうとしか言えない

    劇中劇で歌舞伎の三大名作「義経千本桜」が同時進行で演じられ華やかさに目を奪われながらも、観ている私たちは、その裏にある人間の奥底内にある暗い奈落をのぞく事になる

    「舞台の上で狂えない人間は役者じゃねぇ。」
    幸四郎演じる中村仲蔵の台詞だが、この台詞に幸四郎の思いが込められているのだろう
    歌舞伎役者をはじめ、舞台に携わる全ての人がめざすその場所が、この舞台の上で繰り広げられる、のぞかずにはいられない人生の奈落として人を引きつけてやまない

    そして、観ている私たちもそんな「役者」を観たいとの、その奥をのぞかずにはいられないのだ

    スポンサーサイト

    • 2014.08.11 Monday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      *******

      edita

      edita.jp【エディタ】

      カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM