スポンサーサイト

  • 2014.08.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ヘレナのクマさん。

    • 2009.07.18 Saturday
    • 23:55

    今日はちょっと断片的な思考回路。
    ヘレナのくまさん。と言えば、あの目の下の隈の事である。
    おかしな事に今の私にはその事ばかりぼんやり考えてしまう。

    ヘレナ・ボナム・カーターがスクリーンに現れると
    「うわぁ、またいた!」
    って脳におかしな刺激が与えられる

    けっして好きな女優じゃないのに、その映画が妙に印象に残る事が多い。




    初めて「眺めのいい部屋」で見た時は、なんだこのお嬢様女優は?
    と、思わず「ケッ」とよくわからないやさぐれた気分にさせられた事を遥か昔の記憶の中で思い出された。

    で、彼女はその後もコスチューム女優として、
    良家のお嬢様を延々と演じつつけていた訳ですが、
    どこでどうなったか、ケネス・ブラナーの映画で、おや?って事になりました




    おいおい!
    フランケンシュタインの彼女!?だっけ?
    ここで初めて「こ、こいつは、何考えてる?」
    とかわいいだけじゃ嫌なの宣言を突きつけられ、これからどうすんだと思っていたら




    ぬいだーーーー
    レースのコスチューム!
    そしてこれから彼女のトレードマークと私が勝手に思い込んでる
    「目の下のくまさん。」がご登場。


    その後彼女は




    猿になったり、

    ティム・バートンのパートナーになったり



    死人になったり、

    そ、そしたらさらに激しく、人殺して、くま育てたり。



    で、えげつない殺され方して
    すごいな…ある意味キャラが確立。





    ターミネーターなんて、メジャーどころに出ても病的なところ代わらず。

    なんで、今日またそんな事を考えてしまったかというと
    『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に出ているヘレナを見ながら
    この人のいつかは普通の役を見てみたい。
    ありそうかな?やっぱ無理か。本人が求めてないもんね。
    絶対とちょっとなさそうな事を考えてしまった。






    ヘレナのポジション、世界に一つだけの貴重な女優。
    としか言いようが無いっす。


    JUGEMテーマ:映画

    スポンサーサイト

    • 2014.08.11 Monday
    • 23:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      *******

      edita

      edita.jp【エディタ】

      カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM