スポンサーサイト

  • 2014.08.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    富士RITARN

    • 2009.07.23 Thursday
    • 19:32


    家族総出で富士山再チャレンジ。
    我が家のメンバーはへなちょこぞろいなので、
    フットワークが軽すぎて腰を上げるのも早いが引けるのもめちゃ早い。

    そんな訳で、私以外だれも頂上を拝んだ事がありません。

    今まではご来光を見るために夜中にアタックしてたのですが
    今年は父の「なぜ夜中の真っ暗な中歩かなくっちゃいけないのかわけわからない」
    とこの一言で朝3時に起きて出発、早朝チャレンジ。

    しかしこれにはこれで落とし穴が。

    朝日に光に輝く富士山の頂上はまるですぐ手に届くような迫力で目の前に迫っている。
    のだが、はい、まさに見えてるのが問題。
    歩いても歩いても頂上はまだ遠い。
    そりゃ、あんなに大きいんだもん。近そうで遠いだろ。

    見えすぎちゃって困るの。そういう事もあるんです。

    近づかない頂上に心砕け、高度の酸欠で心ボソクなってしまったのか、
    その後の両親の歩みは牛歩より遅く、高齢者の高山病も心配で
    とうとう「引き返そう」と決めたのはまだ7合目。
    午前9時半の事でした。

    無理はしない。
    山に登るなら楽しくなくっちゃ。
    富士山の頂上には目面しい笠雲もかかっていて、
    その後の天候の崩れも予想できた事だし、最善の選択だったと今でも思う。
    引き返すって決めたとたんの父の足の軽い事。
    ホント、かわいくなっちゃいました。


    帰りは、うわさの「ほったらかし温泉」によって今が旬の桃の踊り食い?!
    で、山に行くよりかなり肥えて帰ってきました。

    大好きな富士山にまず今年近づけた事、それだけでもウッキッ。
    あたしはこの夏再チャレンジと行きますか。

    待っててね、富士山。

    JUGEMテーマ:旅行

    スポンサーサイト

    • 2014.08.11 Monday
    • 19:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      *******

      edita

      edita.jp【エディタ】

      カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM